ドラえもん

  • 2018.08.16 Thursday
  • 04:40

https://youtu.be/zF378T75GvE


医学というのは日進月歩で今から20年くらい前大学病院で私はあと2年で死ぬと宣告された。それから数年後私は何故まだ死なないんだろうね、きっと貴女のナチュラルキラー細胞がモグラ叩き宜しくガン細胞を打っているからなのかな。主治医とそんな会話をした。


今日病院で私は若い医師に同じようなことを尋ねた。彼は困っていた。病気というものが有ればこそのお医者なんである。もし病気や死がこの地球から無くなったら俺は廃業だとかつて主治医が呟いた。


探しても探してもガン細胞は見つからない私の難病は原発性硬化性胆管炎という。数年前唯一の延命治療とされた生体肝移植も今はそこまで有効でないとなった。臓器移植が有効でないのは当たり前だ。健康な誰かのお腹を切り開いて内臓を頂いてまで生き長らえたりするのが果たして公平だろうか。たとえ的外れだとしても物事が公平かどうかを内心で測り続けるのはヒトが持つ正常な欲求なのだそうだ。


それにしても年に何回かの検査のあれこれは私という生身の人間が頼りない砂地の上を沈みながら歩いているのだという厳しい現実をどうだ辛いだろうと知らしめて来てメンタルが薄っぺらいウエハースが自慢の私はひとつも面白くもない日なんである。


私はヤドクガエルもアカメアメガエルもベルツノガエルもちっとも欲しいと思わない。シュレーゲルアオガエルもイエアメガエルも格別美しいとは思わない。カエルは2種類に分けられるのみ。ヒトの手のひらにひょいと乗る楽観的なカエルと危機管理に長けていて逃げ回るカエル。


1日1日を生きる。今日生きてるならそれでいい。もちろんドラえもんは空想だ。カエルが熱帯に多い理由にカエルは変温動物だからだとする説が長く唱えられていたが最近はそうでもないと言われていて熱帯のジャングルが過ごしやすいからだという説明を最近読んだ。暑い日は木影や池で涼み、南の風に当たりたければ樹上でくつろぐ。


今日は久しぶり行きつけのカフェで3時間漫画を読み続けた。行きつけとか言ってるがオーナー曰く私はこのカフェに年にいちどしか現れないらしい。だとすればいいペースじゃないか。泣きたくなるような日は年にいちどくらいが丁度いいでしょうが。そうでしょ。そうだよね、ってその時はそこは笑ってくださいよ。そういうカエルなんだからわたし。





プリシラ・アーン

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 04:59

https://youtu.be/aB-YnWpDz5w


プリシラ・アーンのこの曲が好きだ。後ろで流れてるエレクトーンの音もプリシラ・アーンのクセのない日本語の発声もいいな。

鱗(うろこ)

  • 2018.08.13 Monday
  • 22:43

農協で新鮮な真鯛を買った。小ぶりの真鯛である。真鯛を捌くなんて生まれて初めてだったから農協の魚売り場で同じ真鯛を買った見知らぬおばさんにこれはどうやって捌くのかと訊いてみたところ水道水で洗ってはならないと言う。濃いめの塩水を作っておき塩水洗い。真鯛は12匹。まな板洗い用の塩水で時々まな板も洗う。まな板といっても小さなタモ材のカッティングボードだし出刃庖丁ではなくナイフ。慣れてくると鱗(うろこ)を落とすのにはかえってナイフが好い。真鯛の鱗(うろこ)は透明な薄ピンクでそれは美しい。開いてひと塩をした真鯛から出る水分を切りながら冷蔵庫で半日放置。沖縄で食べたあちこーこーを思い出して丸揚げにしたよ。

モロヘイヤとかちゅーゆ

  • 2018.08.13 Monday
  • 22:23

モロヘイヤは新芽以外は茎が硬い。面倒だが新芽の部分をポキポキ折ったら葉っぱを一枚一枚茎から外しフライパンで沸騰させた少しのお湯で柔らかく茹でて熱々のを箸ですくい取って器に盛り付ける。カップ1くらいの熱湯にパックの鰹節を入れ薄口醤油を垂らしてかちゅーゆを作り、熱々のモロヘイヤに注ぐ。モロヘイヤのお浸しである。

検査着

  • 2018.08.10 Friday
  • 04:11

ブラトップですか?検査着に手を伸ばすと看護士がわたしに言った。いえ、スポブラですけど。じゃあ着替えなくて良いですよ。Tシャツもそのままでいいですよ。わたしはスリッパにも履き替えないでかつかつとパンプスのまま胸部レントゲンを撮った。


1週間ほど続いた胸痛の検査。紹介状を持って大きな病院へ行った。2時間ほど待合で待たされた。循環器科の医師は若い男性でではこれから検査となります、と言われ私が返した言葉。ここカード決済出来ます?心臓造影CTは3割負担で12000円程掛かる。調べて来たのだ。


終わったら迎えにくるから、と去っていった友人にこれから検査になった、2時間くらいかかるとメール。気管支喘息の既往者は造影剤は原則NG。何があっても構わんけん、という同意書にサイン。10万人に1人は死ぬとある。そういうのあたし当てるタイプだよねなどと友人にメールして毒づく。


腎臓機能低下の数値が出たら検査は出来ないということで血液検査。釣り糸の様に湾曲した長い柔らかい素材の針を肘の内側に刺す。点滴中でも肘を曲げてもいいらしい。造影剤と共にステロイドを点滴するが先ずは造影剤の侵襲を見る。


βブロッカー。白い小さな錠剤を飲む。コレ何ですか?心臓の動きを遅くする薬です。コレが効くまでに1時間掛かります。看護士の携帯が鳴った。CT室2時に予約取れました。えっ2時ですか?今11時。そういえば点滴袋大きいわ。看護士の後をついて採血の部屋を出て迷路の様な白い通路歩く。点滴くんも一緒だ。


ここで名前を呼ばれるまで待つようにと言って看護士が去ったので終わるのは午後3時ごろだと慌てて友人にメール。昼休み中の夫くんにも検査になった、同意書の件等をメール。最近友人らと小さな劇団を作った。それでもしもの時のため書き上げたばかりの二本の脚本の場所もメール。夫くんからOK!とスタンプ。おいこらレスが早過ぎるってば。


心臓エコーと心電図。どちらも検査着は着ないわけ。まあ点滴してるから着替えられないんだけど。それからは点滴をした部屋に戻ってひたすら待機。あれこれと好きな歌を思い出しては鼻歌を歌い続けた。メールを読んだ友人からそういえば脚本はどうなったと催促のメールが来た。書いたさ、もしもの為に頑張って書き上げたさ、と返すとこりゃ遺作だなと軽快なレス。違うわ!と返す。


点滴部屋はターミナルのような作りになっている。L字の部屋に左右から看護士に連れられた患者がひっきりなし出入りしている。私以外は皆検査着である。黒のロングタイトスカートに黒のエナメルのパンプス。効きすぎのエアコンが寒いのでトリコロールの馬具ベルト柄偽エルメススカーフを肩に巻いた私は限りなく浮いている。なんで私検査着着せて貰えないんだろ。スポブラだからさ。脳内で声がした。


2時半。ステロイドの点滴が差し込まれるとCT室前で待機。友人から今ちょっと迎えに行けれない、大丈夫帰れるよね、なんとかなるっしょとメールが来た。楽天的で善い事であることぞ。途端に独りぼっちが強まった。CTが始まった。ここからは造影剤を沢山入れますとのこと。体が少し熱くなりますけどみんなそうなりますから驚かないでいいですよ。検査技師は若い男性。撮影は3回。全身が熱い。3回目。恐怖を感じる。その時右側に親しい人が優しく寄り添ってくれている気配がした。私もう死ぬのかなとかそういう気持ちがした。


CT室からの帰り道はやはり歩けなかった。車椅子。点滴部屋で私は爆睡をしていたようで熱中症患者1人受け入れ大丈夫かという看護士たちの救急とのやりとりで目が覚めた。起きれます?救急担当の看護士に背中を押されて起き上がる。〇〇さん出しまーす。看護士が言った。出しますって私を出すってことか。とほほ。会計。どうやって払うんだよの金額をカードで支払った。メールはもう嫌だ、電話がいい、と友人にメールする。友人が笑顔で迎えに来てくれた。



ユーミン

  • 2018.08.04 Saturday
  • 10:54

朝日の中で微笑んで

空と海の輝きに向けて

緑の町に舞い降りて

そのまま

何も言わないで。


古いユーミンの曲を聴いてます。

帆立のスープ

  • 2018.08.03 Friday
  • 20:40

凍ったままのコストコの帆立の稚貝15個をフライパンにごろごろと敷き詰め白ワインカップ1、粗挽き黒胡椒、塩少々とバターを振り掛け蓋をして蒸し焼きに。すっかり火が通ったらそこへコストコのトマト缶を入れて煮込んだら出来上がりです。トマト缶はダイストマトではなくトマトシチューというやつで香味野菜とトマトが煮込まれているので冷蔵庫が空っぽの日なんかにはとても助かります。パセリをどっさり。タバスコ。クラッカーを添えて。

夏スープその2

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 04:18

同じく冷凍した牛ひき肉でのスープ。野菜類は16ササゲざくざく、玉ねぎ、獅子唐、ズッキーニを適当に切って行平でオイル焼きする。牛ひき肉はテフロンのフライパンで塊のまま焼き付け牛ひき肉から脂が滲み出てカリッとしてきたらひっくり返して粗めにほぐす。野菜と牛ひき肉は同時進行、どちらも火が通ったところでフライパンの牛肉を脂ごと行平へ。ニンニク少々と薄口醤油を大さじ1。引き続き熱々を炒め、水カップ2、味をみて塩を足したりして出来上がりです。夏っぽいスープ、こっちは韓国風かな。

夏スープ

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 04:05

冷凍した豚ひき肉でスープを作る。豚ひき肉300gは塩小さじ山盛りと挽いた粒胡椒、白ワイン冷水共にカップ1を振りかけてよく混ぜておく。木の匙でぎゅうっと押したりひっくり返したり豚ひき肉の脂と水分が乳化するよう一生懸命混ぜる。ミルクパンでカップ2くらいの鰹出汁を作り、さて野菜類。16ササゲをマッチ棒くらいにザクザク。こんにゃく、獅子唐、分葱はササゲと同じサイズに。人参、椎茸もざくざく。春雨は鋏で切って丼で熱湯をかけておく。行平にオイルと野菜類全部入れたら火を点けてじわじわ炒め、もういいかなというところで鰹出汁、そして春雨。豚ひき肉を平らにならして匙でタテヨコ16分割、丸めて肉団子にしては行平に投入。匙でそっと混ぜて薄口醤油で味を決める。

プライド

  • 2018.07.30 Monday
  • 09:19

奈良原喜左衛門と海江田武次は生麦事件でリチャードソンらを斬った当事者だがその事実を隠し薩英戦争時ニールの軍艦に乗船し謁見、薩摩藩からの回答文書なるものを手渡した。あろうことかその文書には生麦事件での加害者が未だに発見できないという大嘘が書かれてあった。薩摩藩公式記録によればこの時ニールを討ち取ってみせると意気がる奈良原らを家老や藩主が止めたなどとある。では何故文書手渡し係を任じたのだろう。当時のニールは薩摩に怯える幕府に見切りをつけていた。内心では薩摩を高評価、今後薩摩と貿易で繋がろうと目論んでいた。行違いのなんと多いことか。奈良原らの脳内で人を斬ってもよろしいとした戦国の世が哀しい。捨て駒の武士たちが哀しい。テロリストではない、俺たちは武士である、と言ってもそれが伝わらないことを薄々勘付いていた。だから実名を隠していた。何十人もの同士を募ってスイカ売りに扮し、撃たれぬようにと軍艦に近づいた。斬られた英国人も斬った武士たちも本当に哀しい。俺たちこれからどこへ行けばいいの。そんな気持ちを打ち明けることはなかった。

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM