好きな歌たち

  • 2018.10.22 Monday
  • 06:19

https://youtu.be/Ct_G98J2pfk

キンクス「サニーアフタヌーン」


左様なら成す術無しでお手上げだったあの日。

オルガン

  • 2018.10.22 Monday
  • 06:04

昨日バンド練習。1万円で買ったカシオのキーボード持ち込み。高台に建つ一戸建ての陽当たりの良い庭の向こう、2匹の黒猫がお出迎えである。リビングのテーブル、予め選んできたリズムパターンとトーンでせえのでやってみたがなんか違う。これは何風というアレンジか。むむむイントロと間奏にリコーダーなんである。ひと通りキーボードの内蔵リズムを試したのちわたしはリズムボタンをOFFにした。すいませんもいっかい行きます。いいじゃんいいじゃん。オルガンだった。そうかオルガンでよかったんだ。

好きな歌たち

  • 2018.10.21 Sunday
  • 06:30

https://youtu.be/6QbWBX26YMs

ビジーフォー


格好良いなあ。こういうの本当痺れるなあ。

好きな歌たち

  • 2018.10.18 Thursday
  • 09:30

https://youtu.be/SyJBmvdSfJ0

「マイウェイ」


声を張り上げて歌ったり、1人にひとつギターを抱いて弾き殴ったり。間違いない。いま全宇宙でこんな白い服を着た坂上二郎似の大勢の男達が陽気な音楽を奏でてる。

気になる

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 05:41

回転寿司。名前を呼ばれて通されたカウンター席の丁度目の前で白い割烹着のお兄さんが寿司を握っていた。平日で客が少なかった。タッチパネルで注文するやいなやお兄さんがはいと笑顔で寿司を手渡してくれるんである。それは粗方食べ終え店を出る頃だった。暇になったお兄さんが台下冷蔵庫から長さが50僂呂△訛世ぅ織海梁を一本取り出し下拵えをはじめたんである。根元に包丁を入れる。お兄さんが引っ張ると丸い吸盤付きの皮はよいしょよいしょと剥がされる。もう一本。お兄さんが剥がした吸盤付きの皮をトロ箱に投げ入れたときだった。ねえ吸盤捨てちゃうの。尋ねてしまったんである。捨てないよ、刻んで軍艦にするよ。へえー、気になる、それすごく気になる。

腹の力

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 08:32

昨日声楽レッスン。1月のコンサートの合唱曲での8小節のソロ部分でのとある日本語の歌詞部分。だからさ、まみちゃんはその言葉を言うとき嬉しいの?それとも詰まんないの?もちろん嬉しいよ!じゃあそれが顔に出なきゃ!もうずっと鏡を見ながらの練習。いやいやいや、あたし嬉しい!を発するのってすごく腹の力が要る。

好きな歌たち

  • 2018.10.15 Monday
  • 06:29

https://youtu.be/HHUuuWRUIWk

手嶌葵「紺色のうねりが」


宮沢賢治は陸前高田の大津波被害の死者たちがいつか甦ると信じていた。死んでよい命などひとつもない。水平線に再びセイルを挙げよ、その時には頭を上げよと。

仲良し

  • 2018.10.15 Monday
  • 06:18

昨日演劇の稽古。ええとここはもっと大きい芝居で。いやもっとです。はいドン!とど突く感じ。タックルしちゃっていい。ええ仲良しです、2人は仲良しです、だからど突く。とっても不安です、不安だから怖いから感情が高まりど突いちゃう。ええとど突かれて転ぶ。それで'ああ彼女はタックルしてくるほど不安な気持ちなんだな'ということで労わりの気持ちが湧く。優しく呼びかけるそんな気持ち。うーんそれは2人は仲良しだから、凄く仲良しだから。仲良しだとそうなりません?

好きな歌たち

  • 2018.10.14 Sunday
  • 07:05

https://youtu.be/aHIR33pOUv0

MISIA「everything」


チェーンステッチのような慌ただしい日々。持病が悪化、我が夫君は2週間後に手術となりドラマチック次女夫婦の遅まきながらの小さな結婚式がその前に控えている。


夜、痛みと嘔吐に苦しむ夫を前にして私は狼狽え只泣くばかりだったと主治医に話す。主治医が言った。それって健全な妻のあるべき姿じゃないか、君もようやく人間に成って来たんじゃないか。成る程ね。

イーハトーヴォ(理想郷)

  • 2018.10.12 Friday
  • 07:01

「イーハトーヴォは一つの地名である。強いてその地点を求むるなれば、それは大小クラウスたちの耕していた野原や、少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、テパンタール砂漠の遥かな北東、イバン王国の遠い東と考えられる。実にこれは著者の心象中にこのような状況を以って実在したドリームランドとしての日本岩手県である」(「注文の多い料理店」新刊案内より)。


岩手県は冬が長く農耕には不適で日本のチベットと呼ばれた。(清水書院 岡田純也著「宮沢賢治」p22)


色々読んでいるが賢治さんの生まれた年と亡くなる年に大きな地震が岩手を遅い記録的大津波が三陸海岸を襲いどちらも死者数万人、農作物全滅の被害に遭っている。


賢治さんが岩手って素敵なところなんだと書いたのは何故なんだろうか。昨日は再び透明感溢れる友人を捕まえてこれでもかと岩手情報の聞き込み作業。なんでも緒形直人主演の賢治さんのドラマなるものが存在するらしい。そういうのももちろん見てみたいがこうなったらいっぺん岩手行ってみるしかないかね。

recent comment

profile

search this site.