駅弁女子

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 08:28




少し前だが又しても熱中症になり体のあちこちが炎症した。副鼻腔炎の酷い顔面痛と繰り返す脛のこむら返り。しおらしく多項目血液検査に甘んじヤクルト2本くらいの血を採られたが目新しい病いは見つからない(お金返して)。とにかく休むしかないと主治医は苦笑。ということでもう寝るばかりだった。1日平均10時間は寝た。食欲は失せ思考はどんより。そんな時はネトフリと寝たふりしてネトフリ。




その時に三宅智子という大食いの女性がレアな路線に乗って駅弁を次々と完食する番組を観た。駅弁女子である。いろいろ良かった。駅弁が千円なのはお釣りが要らないからかな。子ども時代夕暮れの国鉄の駅のホームで見た駅弁売りを覚えている。遠い日の旅の空。駅弁への憧れ。



三宅智子がたいへん好ましい。愚直にただ真剣に駅弁を食べ続けるのだ。いつしか私も駅弁を食べてみたくなりそんな風にして食欲は戻った。ロハコで業務用の紙の弁当箱を注文してみたり、何か弁当の具材をあれこれ空想して過ごした。



身欠きニシンを甘く炊いたやつ。紫蘇の葉の醤油漬けで包んだおむすび。稲荷寿しと特大の出汁巻き玉子。そんなシュミレーションをしつつコストコのクロワッサン(買ってきて冷凍した)をレンチンして食べましたー
コメント
「副鼻腔炎の酷い顔面痛」以前にも話しましたが、私も突然それになります。免疫力低下の時ですね。いつも右側。右上の歯も痛くなります。即、耳鼻咽喉科に行きます。
足のこむら返りは水分不足だそうで、気をつけています。
と、こう言う話は老人会や老人になってからの同窓会では定番だそうです^^/

駅弁女子、三宅智子、初耳です。大食いタレントは知ってますけど。
駅弁はいいですよねぇ。20才の時の茅野の釜飯を思い出しました。
短い停車時間の間にダッシュして奪い取る様にして買った釜飯。
今ならダッシュなんて出来ないです。最初から諦めます^^。

京都のおばんざいに「にしんと茄子の炊いたん」と言うのがあるんですが、知ってますよね。あれって意外と難しいんです。
料理の達人知人に炊き方を尋ねると「業務スーパー」の甘辛く炊いたくずニシン(ニシンそばの)を使うと教えてもらいました。達人でもそんな事するのかと、一瞬「ほんとに達人?」って疑いました。
紫蘇の葉のしょうゆ漬けおにぎり、出汁巻き玉子。妄想だけでもおいしそうです。

  • URURUNDO
  • 2017/09/06 9:43 AM
ururundoさん
「にしんと茄子の炊いたん」は食べたことがありません。私和食をちゃんと食べたのは嫁いで後、その頃はお正月の鰹節の嵐に心底参ったものでした(なんというか鰹のあの独特の魚臭に)。
身欠きニシンを知ったのは大人になり京都でにしん蕎麦を食べた時で甘く硬いこの魚をミガキニシンというのかと。その時の私の脳内での漢字変換は「磨きニシン」でした笑。美味しくてなんとも艶めいていた。その後の北海道旅行で身欠きニシンを入手しにしん蕎麦を何度か製作しました。何度か北海道へ行くうちに身欠きニシンの半干しというものに出会います。これは言わばにしんの干物で特に込み入った加工をせずに食べられる。もうその頃にはにしんの刺身、にしんの塩焼きなどにしんヤッホーでしたねえ。只にしん蕎麦のあのにしんを甘く炊いたのは本乾身欠きニシンでしか作れません。ということで業務ス(業務スーパーの略です〜)のにしんの甘辛煮は時々私も買いますね。ひとくちの満足度がおっきくてさ(^^)
  • marihakobo
  • 2017/09/06 10:25 AM
コメントする








    

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM