俠飯(おとこめし)

  • 2017.09.07 Thursday
  • 16:11



もはや体調が優れないとかそういう話ではない。何もやる気が起こらない。日がな一日ゴロゴロ。顔面に痛みが無くなったので早朝ランニングを再開したせいか日中の眠気も半端ない。部屋で寝転がり鰹節や昆布の一番出汁や海老や根菜の下拵えについてあれこれと思い巡らしている。やがて昼が来て夕方となる。




就活に行き詰まる独り暮らしのダメダメ男子大学生と任侠つまりヤクザの2人組とのトンチンカンな同居生活。おとこめしはそんなドラマだった(全部観たよ)。夕刻、兄貴役の生瀬さんの「飯にするか」の声が発せられる。1DK安アパートの台所の空気がそのとき変わる。最終回、涙でご飯が喉を通らないダメダメ君。生瀬の兄貴は「これで流し込め」とご飯に清酒をお茶漬けのように掛けた。




窮境にあって新しい一歩を踏み出す勇気。自分を律するその力はその人の内面から生じる。ダメダメ君は自尊心を保てずに就活に苦労していた。貴方食レポは抜群やったで〜
コメント
コメントする








    

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.